看護師の学び場イーナス

セミナー詳細

SIM教育,集合研修,振り返りでの「仕切る・引き出す・発問する」スキルを強化

授業・研修・カンファレンスで役立つファシリテーションスキル

開催日時

  • 《大阪》2022年05月14日(土)10:00~16:30エル・おおさか 本館7階 708会議室MAP 受付中
  • 《名古屋》2022年05月15日(日)10:00~16:30名古屋国際会議場 2号館2階 223会議室MAP 受付中
  • 《東京》2022年06月26日(日)10:00~16:30大田区産業プラザ 3階 特別会議室MAP 受付中

参加料金

12,000円(税込・資料つき)

 ※昼食は各自でご用意ください。
 ※参加人数が少ない場合は中止になることがございます。あらかじめご了承ください。

 【団体割引】3名様以上のお申込みは,お一人様1,000円引き。5名様以上のお申込みは,お一人様2,000円引き
 【個人割引】3テーマ以上の同時お申込みで,各1,000円引き。5テーマ以上の同時お申込みで,各2,000円引き

POINT


 困難場面・フリーズ場面にも対応できるファシリ力を習得しよう
 指導者の専門領域が異なる場合に同じ方向性で進めるコツは?
 「教える」「引き出す」「気づかせる」をどう使い分ける?
 ついつい口調がきつくなってしまう場合はどう言い換える?
 ホワイトボードをわかりやすく,上手に使うコツは?
 意見がたくさん出たとき,それらを上手に要約する方法は?
 意見がまったく出ないときに,どういうふうに促す?
 キャリアの浅いスタッフでも発言できるようにするには?
 キャリアやレディネスが違う学習者が集まる研修をどうする?
 期待するゴール(成果)から脱線気味のとき,どう修正する?
 学生とのカンファレンスが,感想を発表するだけになる,指導(ティーチング)になりがち,話が続かない(引き出せない)
 「知ってるし」「できるし」「来てやったぞ」オーラ全開の学習者にどう対応する?
 ①倫理カンファレンスで,雰囲気が重たく,みんなうつむきがち
  ②病棟カンファレンスで,中堅Nsの否定的な意見に黙り込む
  ③病棟カンファレンスで,医師やCNの発言を待っているだけ  こんな場面でどう仕切る? どんなグラウンドルールが必要?
   などなど

指導講師

内藤 知佐子 先生(京都大学大学院医学研究科 先端看護科学コース 先端中核看護科学講座)


 1999年国際医療福祉大学保健学部看護学科卒業,同年東京大学医学部附属病院勤務。2004年新潟県立看護大学大学院成人看護学助手,2008
 年同大学院看護学修士課程修了。2008年4月より京都大学医学部附属病院看護部管理室勤務,教育担当。2020年1月より現職。院内では新人
 教育やシミュレーション教育に携わり,後進育成にも熱心で情熱的。関西では病院の枠を超えて『組長』として慕われる人気講師。




  このセミナーでは,研修担当者・看護教員・臨床指導者の方を対象に,シミュレーション教育や集合研修,OJT,会議で求められるファシリ
 テーションスキルについて,プチワークを交えながら体験的に学習していきます。グループワークが脱線・停滞気味のとき,意見をうまく引き
 出せないとき,最適なまとめ方ができないときなど,困難場面での『次の一手』を内藤先生からご指導いただきます。


 午前(10:00~12:10)

  ファシリテーターとは
  ファシリテーターの基本スキル
   ・場づくり
   ・聴く&訊く
   ・観る&看る
   ・伝える ほか

 午後(13:10~16:30)
  振り返りでのファシリ力を磨こう
   ・振り返りにおけるファシリテーターの役割
   ・振り返りの場面と意識したいポイント
   ・「地雷言葉」と「神言葉」
   ・使える「まとめ」のフレーズ
   ・ファシリ道場10戦:こんなときどうする? ほか
  まとめ・質疑応答