看護師の学び場イーナス

セミナー詳細

ICU・CCU・HCU・救急・オペナースのための

重症患者管理に活かす「数値・波形」の読み解き方

開催日時

  • 《大阪》2021年09月11日(土)10:00~16:15エル・おおさか  本館7階 709会議室MAP 受付中
  • 《名古屋》2021年12月11日(土)10:00~16:15名古屋国際会議場 2号館3階 231会議室MAP 受付中
  • 《東京》2021年10月10日(日)10:00~16:15大田区産業プラザ 3階 特別会議室MAP 受付中

参加料金

12,000円(税込・資料つき)

 ※昼食は各自でご用意ください。
 ※参加人数が少ない場合は中止になることがございます。あらかじめご了承ください。

 【団体割引】3名様以上のお申込みは,お一人様1,000円引き。5名様以上のお申込みは,お一人様2,000円引き
 【個人割引】3テーマ以上の同時お申込みで,各1,000円引き。5テーマ以上の同時お申込みで,各2,000円引き

POINT


 モニタリングが「うまく・早く・正確」になるための『実践知』を動画を用いて解説
 末梢の拡張/収縮やノルアドレナリンの効果を知りたいとき,Aライン波形のどこを見る?
 患者の重症度をチェックするとき,Aライン波形の何と何を見ればわかる?
 ボリュームの評価としてCVP(中心静脈圧)は有用? 有用じゃない? その理由は?
 末梢血管が収縮しているときは,末梢を温めないほうがよい?
 EtCO2波形の変化(消失,上昇・低下,形)を見たときに看護師がすることって何?
 TTM時にSpO2・PaCO2・血圧はどのくらいで管理する? 復温時に気をつけることは?   などなど

指導講師

小波本 直也 先生(聖マリアンナ医科大学病院 看護部 診療看護師)

 2004年看護師免許取得。沖縄県立中部病院,東京ベイ・浦安市川医療センター等を経て,2017年より現職。2017年3月東京医療保健大学大学
 院看護学研究科高度実践看護コース修了,看護師特定行為21区分38行為研修修了。日本版NP(Nurse Pract-itioner)の父ともいえる藤谷茂樹
 先生のもとで,診療看護師として医学の「診る」と看護の「看る」の2つの視点から看護を実践中。



  このセミナーでは,クリティカルケア領域での呼吸・循環モニタリングスキルの向上を目的に,数値や波形を正しく読み解く知識,正常・異
 常を判断する方法やその根拠,看護ケアのポイントについて学習します。Aライン波形,フロートラックセンサー,EtCO2波形に加え,看護師
 にできることがたくさんある目標体温管理療法(TTM)について習得し,臨床経過や病態の把握,看護ケアにお役立てください。

 午前(10:00~12:20)

  循環動態のおさらい
  これでカンペキ! Aライン波形の見方と評価
   ・重症度を見極めるポイント
   ・ディクロティックノッチの評価
   ・IABP波形のチェックポイント
   ・数値と波形のプチテスト ほか
  フロートラックセンサーの見方と評価
   ・評価すべき4つ数値
   ・ScvO2値が影響される4つの要因 ほか

 午後(13:20~16:15)
  EtCO2波形の見方と評価
   ・波形別の病態把握
   ・V-A ECMO中の波形の特徴 ほか
  TTM時のモニタリングとケア
   ・TTM時の患者管理のポイント
   ・体温の上昇・低下,シバリングを予測しよう ほか
  まとめ・質疑応答