看護師の学び場イーナス

セミナー詳細

血液ガス分析・モード・グラフィック・鎮痛/鎮静の『使える知識』を集約

人工呼吸中の患者管理のポイント

開催日時

  • 《東京》2021年11月28日(日)10:00~16:10中央労働基準協会 4階会議室MAP 受付中
  • 《大阪》2021年12月05日(日)10:00~16:10エル・おおさか  本館7階 708会議室MAP 受付中
  • 《名古屋》2022年01月16日(日)10:00~16:10名古屋国際会議場 1号館3階 131+132会議室MAP 受付中

参加料金

12,000円(税込・資料つき)

 ※昼食は各自でご用意ください。
 ※参加人数が少ない場合は中止になることがございます。あらかじめご了承ください。

 【団体割引】3名様以上のお申込みは,お一人様1,000円引き。5名様以上のお申込みは,お一人様2,000円引き
 【個人割引】3テーマ以上の同時お申込みで,各1,000円引き。5テーマ以上の同時お申込みで,各2,000円引き

POINT


 基礎から応用までの「大事なポイント」に絞った,シンプルで超わかりやすい解説
 血ガスを採ったら,医師にどのように報告すればいい?
 血ガスを採るときに医師が「FiO2は100%で」と言う理由は何?
 A/CとSIMVの違いや,気道内圧波形でチェックすべきことって何?
 Auto PEEPとプラトー圧は,どの人工呼吸器でも測定できる?
 酸素化が悪いときはAPRVモードを選択すればいいの?   などなど

指導講師

古川 力丸 先生(医療法人弘仁会板倉病院 救急部部長)

 2004年日本大学医学部卒業。同大学附属板橋病院初期臨床研修医。2014年より現職。救急専門医,米国集中治療医学会(SCCM)認定Fun-
 -damental Critical Care Support(FCCS)インストラクター,米国心臓病学会(AHA)認定BLS(蘇生基礎コース)インストラクター,
 PALS(小児蘇生コース)インストラクター,日本予防医学リスクマネージメント学会医療安全ファシリテーター。人工呼吸関連を中心にYou
 Tube やブログなどで啓蒙活動中。



  このセミナーでは,呼吸管理の基礎となる「酸素化」「換気」「呼吸仕事量」などの生理学から,人工呼吸器の役割や機能,血ガスの見方・
 読み方,モードの選択理由やモードごとの特徴,気道内圧波形の見方や解釈,ガイドラインをふまえた鎮痛・鎮静への考え方やケアの重要性ま
 で,人工呼吸管理に欠かせない知識を力丸先生からご解説いただきます。『いま必要な知識』と『これから必要になる知識』がバランスよく学
 べる,レベルアップに最適なセミナーです。


 午前(10:00~12:20)

  ガス交換(酸素化と換気)
   ・酸素化・換気を改善するには? ほか
  血液ガス・酸塩基平衡
   ・Dr.力丸の3ステップ法 ほか
  人工呼吸管理の有害性
   ・自発呼吸について ほか
 午後(13:20~16:10)
  ちょっと難しい換気……
   ・PaCO2の最適値を考える ほか
  人工呼吸器の初期設定
   ・人工呼吸モードの長所と短所 ほか
  呼吸仕事量の「なぞ」を考えてみる
   ・「R」と「C」 ほか
  代表的なグラフィック異常
  鎮静・鎮痛,コミュニケーション
  まとめ・質疑応答