看護師の学び場イーナス

セミナー詳細

救急・集中治療領域での臨床経過や病態の把握,看護ケアに結びつく‼

重症患者アセスメントに役立つ 数値・波形の読み解き方

開催日時

  • 《名古屋》2020年10月11日(日)10:00~16:00名古屋国際会議場 4号館3階 432会議室MAP 受付中
  • 《大阪》2020年11月01日(日)10:00~16:00エル・おおさか 南館5階 南ホールMAP 受付中
  • 《東京》2020年11月15日(日)10:00~16:00大田区産業プラザ 3階 特別会議室MAP 受付中

参加料金

12,000円(税込・資料つき)

 ※昼食は各自でご用意ください。
 ※参加人数が少ない場合は中止になることがございます。あらかじめご了承ください。
 【団体割引】3名様以上のお申込みは,お一人様1,000円割引。5名様以上のお申込みは,お一人様2,000円割引
 【個人割引】3テーマ以上の同時お申込みで,各1,000円引き。5テーマ以上の同時お申込みで,各2,000円引き

POINT


 Aライン,フロートラックセンサー,EtCO2,蘇生後目標体温管理療法(TTM)などの 患者管理・看護ケアに活かせる数値・波形の評価方法
 について教えます


 末梢の拡張/収縮やノルアドレナリンの効果を知りたいとき,Aライン波形のどこを見る?
 患者の重症度をチェックするとき,Aライン波形の何と何を見ればわかる?
 ボリュームの評価にCVP(中心静脈圧)は有用? 有用じゃない? その理由は?
 フロートラックセンサーで見なければいけない数値は,どれとどれ?
 EtCO2波形の変化(消失,上昇・低下,形)を見たときに看護師がすることって何?
 TTM時にSpO2やPaCO2,血圧はどのくらいで管理する? 復温時に気をつけることって? などなど

指導講師

小波本 直也 先生(聖マリアンナ医科大学病院 看護部 診療看護師)

2004年看護師免許取得。沖縄県立中部病院,東京ベイ・浦安市川医療センター等を経て,2017 年より現職。2017年3月東京医療保健大学大学院看護学研究科高度実践看護コース修了,看護師特定行為21区分38行為研修修了。日本版NP(Nurse Pract-itioner)の父ともいえる藤谷先生のもとで,診療看護師として医学の「診る」と看護の「看る」の2つの視点から看護を実践中。



 このセミナーでは,救急・集中治療領域で求められるモニタリングスキルを向上させるために,数値や波形を正しく読み解く知識,正常・異常を判断する方法やその根拠,看護ケアのポイントについて解説します。Aライン波形,フロートラックセンサー,EtCO2波形に加え,学習機会の少ない蘇生後目標体温管理療法(TTM)の数値と波形について深く学び,臨床経過や病態の把握,看護ケアにお役立てください。

午前(10:00~12:20)

 循環動態のおさらい
 Aライン波形の見方と実践知
  ・重症度を見極めるポイント
  ・DNでカテコラミンの選択を判断できる?
  ・IABP中に確認すべきことは?
  ・敗血症患者で注意すべきことは? ほか
 フロートラックセンサーの有効活用術
  ・必要な数値はどれとどれ?
  ・ScvO2値が影響される4つの要因とは? ほか

午後(13:20~16:00)
 EtCO2波形の見方と実践知
  ・モニタにサメ!? 出てきたら何を疑う?
  ・V-A ECMO中の波形の特徴は? ほか
 TTM時のモニタリングとケア
  ・体温の測定部位はどこが最適?
  ・体温の上昇・低下は予測できる! ほか
 まとめ・質疑応答