看護師の学び場イーナス

セミナー詳細

病棟看護師が「やるべきこと・すべきこと」の知識と実践をブラッシュアップ‼

退院支援・退院調整を上手にすすめるヒケツ

開催日時

  • 《東京》2019年11月30日(土)10:00~16:15大田区産業プラザ 3階 特別会議室MAP 受付中
  • 《大阪》2019年12月14日(土)10:00~16:15エル・おおさか 本館7階 708会議室MAP 受付中

参加料金

12,000円(税込・資料つき)

※3名様以上のお申込みは,お一人様1,000円割引。5名様以上のお申込みは,お一人様2,000円割引
※昼食は各自でご用意ください。
※参加人数が少ない場合は中止になることがございます。あらかじめご了承ください。

POINT


個人のスキルアップ,部署のレベルアップを図ろう
円滑な連携のために,どういった介入・調整が必要かがわかる
通常業務と並行して「やれること」「できること」を知ろう
スタッフによってマチマチな対応や方法を統一しよう
在宅・調整部門の動きを知り,ロスの少ないやり方を知ろう
困難ケースでの「柔軟な対応力」を身につけよう
患者家族への説明や,カンファで困らないだけの知識を得よう
「本妻」vs.「内縁」 キーパーソンの認識を再度整理しよう
他職種の困り事を知り,支援・調整に役立てよう などなど

指導講師

藤井 淳子 先生(東京女子医科大学病院 看護部 家族支援専門看護師)

1995年東京女子医科大学看護短期大学卒業後,同大学病院ICU勤務。ICU勤務の経験から家族看護に関心をもつ。2013年東海大学健康科学研究科修了。2014年家族支援専門看護師取得。現在は,社会支援部(退院調整部門)で退院支援・退院調整および家族看護のコンサルテーションを中心に活動中。難事例を数多く経験し,病棟看護師の弱点を熟知した実践的でわかりやすい講義が大好評‼



限られた時間のなかで,効率的・効果的な介入ができるようになる‼

 「自宅での生活がイメージできず,十分な説明や引き継ぎができない」「コミュニケーションに問題があったり,家族の意向と食い違ったりで意思決定支援に難渋する」「知識不足のため在宅サービスの選択・調整に自信がない」など,退院支援・退院調整は各ケースで臨機応変に,柔軟な対応力が求められる高難度の業務です。
 そこでこのセミナーでは,病棟看護師を対象に,退院支援・退院調整場面で求められる知識や情報,社会資源の活用・調整,トラブル対応などを中心に「やるべきこと」「すべきこと」について学習します。患者・家族はもちろん,他職種の困り事への理解を深め,スムーズな支援・連携にお役立てください。


午前(10:00~12:30)

 退院支援・退院調整が難しいケースTop5――トラブルの多いケースを知ろう
 知っておきたい制度とお金のこと
 みんなの困り事を整理しよう
  ・家族  ・訪問看護  ・保健師  ・医師  ・ケアマネ,ワーカー ほか
 退院支援・退院調整を上手にすすめるヒケツ
  ・スクリーニングとアセスメント
  ・問題点の明確化と目標の共有
  ・カンファレンス ほか

午後(13:30~16:15)
 こんなときどうする?――トラブルと解決策

  ・念書を書いたはずなのに……
  ・自分で何もできないのに家に帰るって……
  ・「内縁」より「血縁」って医師は言うけど…… ほか
 事例検討(個人ワーク)
  ・みんなの目標(願い)を整理しよう
  ・メリット・デメリットを想定しよう
  ・最善の目標を立て,論点を整理しよう ほか
 まとめ・質疑応答