看護師の学び場イーナス

セミナー詳細

研究に行き詰ったスタッフに的確なアドバイスや改善ポイントが提案できる!

看護管理者のための看護研究 指導・査読ポイント

開催日時

  • 《大阪》2019年04月20日(土)10:00~16:30エル・おおさか 本館6階 大会議室MAP 受付中
  • 《東京》2019年05月12日(日)10:00~16:30大田区産業プラザ 4階 梅MAP 受付中

参加料金

12,000円(税込・資料つき)

※3名様以上のお申込みは,お一人様1,000円割引。5名様以上のお申込みは,お一人様2,000円割引
※昼食は各自でご用意ください。
※参加人数が少ない場合は中止になることがございます。あらかじめご了承ください。

POINT


院内で研究指導をするときの添削・アドバイスの具体例が充実♫

管理者として,研究の基本的なことを知っておきたい
頼ってくるスタッフに何らかのアドバイスをしてあげたい
スタッフが査読で求めてきそうなところを把握しておきたい
査読委員の視点を把握し,アドバイスに活かしたい
スタッフが協力して取り組めるようにサポートしていきたい
義務感や強制感をなくさせるためのサポートが知りたい
病院や看護部に協力をしてもらうためのサポートが知りたい
積極的に取り組んでもらえるテーマを一緒に見つけていきたい
論文をチェック・校正するノウハウが知りたい
忙しい中でも研究を続けられるようサポートしていきたい  などなど

指導講師

秋元 典子 先生(甲南女子大学 看護リハビリテーション学部学部長,大学院看護学研究科・教授,岡山大学名誉教授)


1975年徳島大学教育学部卒業後,和歌山労災病院勤務,大阪府立看護短期大学助手・講師,和歌山県立医科大学看護短期大学部教授,岡山大学大学院保健学研究科教授を経て2017年4月より現職。聖路加看護大学大学院看護学研究科修士課程修了,千葉大学大学院看護学研究科博士後期課程修了。博士(看護学)。著書は『看護の約束』,『看護の原理』(前者は単著,後者は共著。共にライフサポート社)など多数。専門領域は,がん看護学・周手術期看護学。



的確なコメントができない,うまくかかわれない自分と向き合い,支援の手立てを見つけていこう!

 このセミナーでは,研究に取り組むスタッフをもつ管理者,研究に不慣れ,研究とは縁がなかった管理者を対象に,看護研究の基礎をひととおり学習し,管理者としてどのように指導・査読してくかを実際の論文(2つの事例研究)を用いてポイントを整理します。学会誌の編集委員を長年務められた秋元先生より,「研究は苦しくてつらいもの」というスタッフの心情を汲み取ったうえで,管理者が支えるべきところ,アドバイスできること,査読して修正させるべきところを,様々な体験や事例をまじえてご解説いただきます。


午前(10:00~12:30)

 看護研究のあれこれ
  ・臨床の場で研究することの意義
  ・看護管理者の心構え
  ・なぜ研究が嫌がられるのか……
 研究プロセスのおさらい
  ・研究計画書の位置づけ
  ・研究テーマ
  ・研究デザイン
  ・文献検索の目的と方法
  ・研究計画書の書き方
  ・データの収集方法と分析方法
  ・論文の構成
  ・倫理的配慮 ほか
 論文のチェックポイント
  ・質的研究,量的研究の視点
  ・文献記載の様式
  ・論文を書くときの表記の留意点 ほか

午後(13:30~16:30)
 研究論文を査読してみよう!
  午前中に学習した内容をふまえて,実際の研究論文をチェックして,アドバイス・サポートできそうなことを考えてみよう!
 まとめ・質疑応答