看護師の学び場イーナス

セミナー詳細

非言語的情報を正確・確実にキャッチ!

こどものSOSサインの読み解き方

開催日時

  • 《大阪》2018年09月22日(土)10:00~16:30エル・おおさか 本館6階 606会議室MAP 受付中

参加料金

8,000円(税込・資料つき)

※本セミナーには,割引を設定しておりません。
※昼食は各自でご用意ください。
※参加人数が少ない場合は中止になることがございます。あらかじめご了承ください。

POINT


小児特有のトリビアをケアや急変予測,関係作りに活かそう♪

男の子が痛がりで泣き虫っていう通説はウソ?
こどもは室温で体温調節するって本当?
こどもは空腹で急変することがある?
「ヤバい・ヤバくない」は「パッと見」でわかる?
点滴テープを剥がさせないテクニックがある?
イヤイヤ期に使える『魔法の言葉』とは?
学童期のこどもにきちんと敬語を使わないとディスられる?
陥没呼吸で最も危険な部位は?
ミダゾラムが効かないこどもがいる?
こどものせん妄を高確率で見抜く方法がある?
人工呼吸器離脱に向けてSAT/SBTを実施するときのポイントは?
親との良好な関係づくりの秘訣は?

指導講師

坂本 佳津子 先生(兵庫県立こども病院 集中ケア認定看護師)

2003年神戸大学医学部保健学科看護学専攻卒業後,大阪府済生会吹田病院入職,小児科・GCU配属。2007年兵庫県立こども病院入職,小児救急医療センター配属。2014年集中ケア認定看護師資格取得。CICUを経て現在はPICU配属。小児集中ケア領域における早期リハ,家族ケア,グリーフケアなどに精力的に取り組んでいる。


池辺 諒 先生(大阪母子医療センター 救急看護認定看護師)

2009年大阪医科大学附属看護専門学校卒業後,大阪府立病院機構大阪母子医療センター入職。手術室を経て2013年よりPICU配属。2017年救急看護認定看護師資格取得。現在は臨床に従事しながら,星槎大学大学院教育実践研究科の教育実践を専攻し,「臨床における教育」を学んでいる。



正常・異常の見分け方,異常と判断する方法や根拠など小児の見方を集中的に鍛えよう‼

 泣きじゃくる子どもとかかわるのが苦手……,育児経験がないので子どものことはよくわからない……,成人でできたことが通用しない……などなど,言語表現の未熟さや,発達時期によって対応が異なる小児看護では漠然とした不安や苦手意識はつきものです。
 このセミナーでは,小児の身体的・精神的特徴や全身の評価方法をふまえ,エキスパートの実践知と,実際の臨床事例や動画を用いて小児が発するサインを正確かつ的確に読み解くための知識を学習します。小児病棟で働く方,混合病棟などで時々受け持つ機会がある方,外来・救急外来などで接する機会のある方のレベルアップに最適な内容です!

午前(10:00~12:15)

 ●講義:小児を多面的にとらえるための知識とスキル
  ・子どもが喜ぶ褒め言葉,親を味方につける神言葉
  ・基本的な小児の看方
  ・特異なSOSサインと危険なSOSサイン
  ・フィジカルアセスメント
  ・小児看護に使えるアメとムチ

午後(13:15~16:30)

 ●症例学習
  食べながら,考えながら,話し合いながらスキルアップを図りましょう!

 ●まとめ・質疑応答